恋愛経験がない女性(処女)は何からはじめれば良いのか?

処女が恋をするには

当人が望まないと恋愛はできない

これはまず断言できます。

恋愛・結婚はその人自身が望まないとできない、という事実。

「彼氏ほしー」「結婚したいー」と言っている女性は世間に大勢います。
でも、本気で求めているわけではありません。

人間の欲は深い。忠実にならないと何も成しえません。

しかし、当サイトを訪れた方はことはこの第一歩を踏み出していると
思っていただいても間違いではありません。

では、まったく真っ白の状態の状態からどう進めばよいのか?

簡単にですが、以下に説明いたします。

男性の心理を知るべし

恋愛ブログ・結婚相談カウンセラーなど、世間の人はまず
「出会いの場でる」ことを進めます。
いきなり体当たりでいってこーいってわけですね。

傷ついて人は成長していくだ!を地でいっている体育会系的な思考です。

これらの方たちも商売ですからね。
婚活パーティーを進めてなんぼです。
ですが、まったく恋愛経験のない女性にとっては危険といえます。

街コン・合コン・婚活パーティー・サークル主催の飲み会などなど。
遊び人はどこにでも潜んでいるからです。

独身限定パーティーなのに既婚者が愛人を探しに
実際、騙された女性の報告も確認できています。

工作員時代に何度も相談にのった経験もございます。
ある程度恋愛経験があり、男性経験もある結婚適齢期の女性が
次々と既婚男性に騙されていくのです。

容姿は関係ありません。すでに既婚ですから余裕があり、
その余裕に惹かれてしまう女性はあとを絶たない。

__www-pakutaso-com_shared_img_thu6i-28

ほかにも婚約者がいるのに一夜の遊び相手を求めに
街コンに繰り出す百戦錬磨のプレイボーイだって存在しています。
これも裏がとれている情報です。

大手企業が主催する婚活パーティだからといって油断できません。
大手企業の名を関しているパーティでも、子会社が主催している可能性があるためです。

地方だと偽名チェックを厳しくすると人がなかなかあつまらないため、
事前調査をしない「自由」をうたっているパーティもあるほどです。

私が所属していた恋愛工作屋でも上記の情報がばんばん入ってきました。
探偵・弁護士・結婚相談所でも十分把握している内容です。

この手の情報を把握するにはレビューサイトよりも地元の探偵事務所などの
ウェブサイトを見ると良いかも知れません。あまりに悪質な業者が跋扈している
地域では探偵・弁護士・結婚相談所が注意喚起を自社ウェブサイト上でおこなっています。

街コンで以下の被害に遭うかも知れません

街コンで知り合った相手にお金を貸したが、
「氏名、住所、勤務先など全て嘘」と判明し行方がわからない
(→街コンは参加者に警戒心が少ない為、金銭トラブルの被害も多く見られる)
街コンで知り合った相手と交際を始めたが、街コンで見つけた相手と
何股もかける浮気常習犯だった
(→街コンは簡単に出会える為、出会い依存症のようなタイプも多い)

引用:「街コン」で知り合った相手には注意が必要|千葉
http://www.tanteik.jp/chiba/news/news4060-m.html#sub1

出会いの場にでる前に男性がどのような思考でいるのかを
知っておかなければ痛い目に遭うのはあなた自身です。

明確に申せば、恋愛経験がない、すくないのが問題ではなく、
男性心理・男性の怖さを理解していないのが問題なのです。

なぜ、女性の友人に頼ってはいけないのか?

女友達に恋愛相談すると
好きな男性ができてしまうと、まったく恋愛経験のない女性がする行動。
たぶん、母・親友など信頼のおける人物に相談するでしょう。
男性の相談するのは論外です。
その男性の良いように思考誘導される危険性があるためです。

しかし、性別問わず、その相談した人物が「自分」の都合の良いように
思考を誘導する可能性もあるのです。

すくなくとも女性であればまだ危険性は低いというわけですね。

相談し、相手が快く相談に乗ったとしても有効な手は教えてくれないでしょう。
それはなぜか?なぜなら相談相手は専門家ではありません。
また、いくら恋愛経験が豊富だからといっても自分自身の視野から見た
恋愛経験しかないのです。

考えればわかるはずですが、相談相手が好きな異性のタイプと、
あなたの好きな異性のタイプは違うはず。

相談に乗ることができるのはあくまで恋愛の大枠。
だれでも当てはまる基本事項だけにとどまります。
それでいて「自分がうまくいった方法」を相手にもするように迫ります。

相談相手「xxちゃん。こうしてみなよ。わたしはいつもこれで上手くいったから大丈夫」
大抵これで失敗するのです。

いくら相談相手が恋愛経験豊富だからといっても個人の恋愛数には限りがあります。
そしてデータベースとして保存し、分析しているわけでもありません。

友人に相談してもよいのは、自分がすでにある程度の恋愛警経験が
ある場合のみです。情報を取捨選択するほど恋愛経験があれば問題ありません。

ですので、いままで男性とまったく付き合ったことのない女性の
方であれば、相談するにしてもあくまで思考材料だけにとどめるようにしてください。

もちろん、テレビ・雑誌の受け売りはやめましょう。
テレビ番組はもちろん、法人(企業)が運営もとのメディアは
「あえて間違った情報」「的からズれた情報」を垂れ流します。
以上を理解できていないのであれば、メディアを頭から信じることはやめてください。

てっとりばやく男性心理・防衛方法を身に着けるには?

男性に聞けばいいのです。
ですが、直接聞いてはいけません。

なぜなら、男性全体ではないのですが、まずほとんどの男性は隙あればながれで
あなたの身体を求めてくるでしょう。
そして、いちぶの男性はあなたの処女だけを求めてきます。
「処女を喰った」=「処女と性交渉をした」を勲章とみなす男性は
確かに存在します。

工作員時代このような男性を指してつかっていた名称があります。
「処女喰い」ですね。
常時、6股くらいしている奴らです。

意外と容姿は冴えなかったりするのですが、会話・所作・男を魅せるのが
上手くまず、男性に抗体がない女性は墜ちます。

そういう奴らはある程度縄張りがあるので危険な箇所にいかなければ
大丈夫です。

他にもいろいろとあなたを貶めようとする奴らは存在します。
それとともに、あなたと誠実に付き合いたい男性がいるのも事実。

だからこそあなたは男性心理を知らなければならないのです。
それは下劣・下品な面も含めて。

初心者おすすめの教材はナンパ商材

ナンパする男。いやがる女。
では、なにからはじめればよいのか迷っていることでしょう。

手始めに恋愛の悩みが集まるポータルサイトを読めばいいのでしょうか?
答えは否。
それでは余分な雑情報が頭に詰め込まれるだけです。

それでいて情報の精査が低く、女性に媚びた情報しかありません。
だからといって有名書籍(本)に頼ってしまうと、お綺麗でお上品な
現実では役に立たない情報しか得られません。

書籍は検閲が入るため、突っ込んだ恋愛テクニックは紹介できない。
NGワードを避けるため表現もまわりくどくなる。
結果、理解が遅くなり男性と付き合うまでの道のりも遠くなります

そこで、おすすめするのが情報商材です。
それも女性向けのナンパ商材を手始めに購入するのをお勧めします。
できるだけ最新の商材・男性から支持を受けている商事を購入してください。

男性向け商材を購入するメリット

男性向けに書かれているので、忌憚がありません。
女性相手であれば控える表現やテクニック・男性心理を説明しているので
男性の心理――好きな人にはAという台詞を言う・遊び相手として確保したい
場合はBという行動をする――を把握できる利点があります。

男性に直接聞けない(恋愛相談できない)からこそ、男性が男性向けに書いた
商材が効力を発揮します。

彼を知り己を知れば百戦殆うからず――というわけですね。

情報商材の書き手は男性向けに作成しています。
ということはそのノウハウを実際に男性が使用するわけですね。
ですが、その手の内は相手であるあなたたち(女性)がすでに把握している。
と、いう状況になるのです。

いわば、男性向けの情報商材を読むということは、
相手(男性)の手の内を知ること=男性を理解することにつながります。
大きなメリットです。

ナンパ系の恋愛商材を購入する男性は「遊び人」タイプが多いです。
そのため、事前にどのような攻撃(テクニック)を駆使してくるか事前に理解できる
身を守る術を獲得もできるという点でも大きなメリットがあります。

これは逆にもいえること。

恋愛経験のない男性が女性心理を理解するめに、タブーを恐れず
事実を書ける情報商材を手に取り、ステップアップしていくながれはもはや定番です。

ですが、伝統的に日本社会において女性は
「(プロポーズ・告白を)受ける」側ですので
あまり恋愛について勉強しません。
だからまだこの手法は広まっていないのです。
でも、これも利点のひとつ。

他人に先んじることができます。
たったひとつの情報の差で勝者・敗者にわかれるのが恋愛です。

勉強をせずに他人を信じ、復讐依頼をしてきた女性を
見てきた私としては、やはり実践に飛び込む前に「勉強」をお勧めしたいです。

軍人になろうとしていきなり戦場に飛び込む民間人は皆無ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。